W・E・I

小説をメインに活動しつつ雑記も書きます、そんなブログ。 その名も「Watching・Entertainment・Information」略して「W・E・I」

プロフィール

東人

Author:東人





ご意見、ご感想などがあれば是非とも下さい。全力で返事をします。それと、おまけで小説のの「予告にならない予告」記載中です。
あなたは


回オンドゥル語を言ったそうです(古っ

大学生活を送ることになり、講義中に寝る癖をつけてしまい憂鬱になりつつ、レポートに追われてクライマックスな心境の何処にでもいる普通の大学生。ここ最近は小説をメインにひっそりと活動中。まぁ見てやってください。
なおこのブログはカレーの妖精とりんごに目が無い賢狼と、そしてオンドゥルライドの登場を全力で応援中です。

あと相互リンクは熱烈に募集中(OMO|壁


アダルト系のコメント等は正直やめてもらいたい!見つけたら削除しますのでそこんとこよろしくお願いします。



気が向いたら押してみてくださいな

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FINAL 「コラム」

まぁ書くのが難しいといえば難しいんですがどうぞ。


・カブトの「テーマ」とは?
個人的に見てて思ったんだけど「自分」というのがテーマだと思います。この作品のキャラは個性豊かで「自分」というものを持ったキャラクターであるとおもいます。その「自分」を模倣し失くすワームが敵であるという、それでもそのワームの中にもきちんとした「自分」を持つ者もいるわけなんですがね。ハイパーバトルビデオやガタック編で加賀美が言った「俺は俺にしかなれない。でもそれが俺なんだ。」まさに「カブト」を象徴する台詞だと思いたいです。

・ストーリーのスピードが遅い
最終話周辺は巻いていたもののそれ以外のストーリーのテンポがやっぱり遅い。夏辺りはやっぱ中だるみが酷かった気がします。もしもテンポが早く着々と進めていけば伏線も回収しきれたでしょうう。これがカブトのもったいない点。

・残された伏線
主にネイティブの登場が遅かったせいかそこら辺に集中している気がする。
1 ネイティブはどうやってやってきたのか?(本編は隕石でどうも補完されてるっぽい?
2 ワームと対立する理由は?(両者とも種の保存かと思われ
3 マスクドライダーシステムを使える訳(なんか機械と話せるのはひよりのワーム体での能力の片鱗な気がしてならない。ゼクター開発の経路でネイティブの因子を入れたりしてるのならネイティブ全般で変身可能な気がするんだが。
4 二代目ハイパーゼクターは何時開発された?(もはやこれは推測不可。
5 マスクドライダー計画とは?(これも明かされなかった。ただ単に「ワームの根絶」はネイティブ側の理由でそれを含めて「ネイティブの根絶」が人間側の計画なんだろうな。

結構重要な部分が残っててやや残念です。


・泣けるライダー
ライダー物で泣けるエピソードはカブトが初めてかもしれない。もうゴンの記憶編とぼっちゃま最終回は泣けましたよ。他にも擬態天道が蓋を開ければカブト史上一番かわいそうなキャラクターであったりして色々泣ける要素が多いです。子供向けじゃねぇなこれ絶対w

・そのほかマニアックな点いろいろ
天道のマフラーは本郷猛のオマージュだったりネイティブがやって来た35年前は初代の放送された年だったらしいです。いや本当にそこら辺の配慮はすごいな。


続きはキャラ別の感想で

続きを読む »

スポンサーサイト

最終話 「天の道」

最終話って書くのむずいですね(;´Д`)あまり書くことないというか総まとめなので本当にない。
まぁつっこみやら何やら


巡回
「おばあちゃんが言っていた。世の中で覚えておかなければならない名前はただ一つ。天の道を往き、総てを司る男……天道総司」

最終段階
あくまでネックレスはネイティブへの変身の種に過ぎず、あの電波はそれのきっかけ若しくは促進なんでしょう。そうなると影山の説明が付かないな。適合者や二個つけたとかなんだろうか。
にしても最終話でも緊張感が今ひとつ欠けてしまう(汗

加賀美VS三島
ここで暴走して三島さん倒したらどうなるだろうか、いやなって欲しいと地味に思ってたんだが。ここでもなぜダークカブトがいるのかが気になる。三島さんのいう足りないものとはダークカブトを使っての電波放送なのかと。


天道は生きていた
復活天道テラカッコヨス。そしてマトリックスのごとく落ちていくのにワロタ。着地どうやったんだろう。ここでの天道のシーンはかっこいい。
にしてもガタックとカブト相手に引けを取らない三島さんがすごいな。ここまで敵を追い詰めることの出来る相手もそうはいないかと。そしてパーゼク撃破で全てのゼクター破壊されるんじゃないだろうかなんて思ってしまった。ガタックカリバーをブーメラン風に使う加賀美カッコヨス。

根岸の最後
実は幼虫でショボン。ネイティブは成虫になれないんじゃないだろうか。それとも成虫になれる因子は持っているけど発現できない。それを発現させたのが突然変異種であるワーム。突然変異で生命の進化が進んだのも一つの事実なんだからこれくらいはありだろう。って何を語っているんだ俺は(汗
にしてもやっぱり擬態天道は生きていて欲しかったな。それの善し悪しは置いといて。向こうの世界で生きているとかさ。

一年後の同窓会
にしか見えない罠。ここで風間が登場。お前なんて服着てきてんだww
田所さんは実家の蕎麦屋継いだのか。岬さんは社長、ばりばりに働いてそうだ。加賀美は警察官か。似合ってるな、服装。そしてそれを見つめるパパ「(;゚Д゚)パパー」なんていってしまった。いや、本当においしい人だな。

そしてこの男は
フランスとか吹いた。しかも背景ばりばりCGだし。

とりあえずこんな感じでいいですかね。まとめは時間があれば書ききります。電王が始まる前には必ず・・・・。
とりあえずそこで未回収の伏線やらなにやら。


それではノシ

第48話 「天道死す!」

今週は考察する要素が沢山出たけどストーリ的には笑い要素は一つもなくダークだった。涙が止まらないぜ(つД`)

「俺が傍にいる」

田所さんバレ
しょっぱなからこれ見せられると鬱だな。とにかくこのシーンも悲しい。「ワーム」という理由だけで殺されネイティブである田所さんも同類。とにかく社会というのは与えられた情報を鵜呑みにしてしまうという警句であるという気がしないでもない。

ネックレスでネイティブに
後の擬態天道誕生の描写を見ればあのネックレスの緑の宝石は多分隕石の破片。ん~この石は本当にワームがやって来たときの石なんだろうか。それかネイティブが隕石と共にやって来たと仮定したらその隕石の破片かも。
とりあえず人間→ネイティブへの変化の条件は石を埋め込むこと。それを改良し体に埋めずにしたのがあのネックレス。影山がより早く効果を出したのはライダーシステムの適合者だからなんだろうか。高熱もそれが理由なんだろうな。

三島反逆
根岸サイドに寝返って驚いた。根岸に反乱起こすものと思ってたら予想外だ(汗。三島さんが言った「暴走スイッチ」の存在を知ってた根岸。何時から知ってたんだろうか?と考えてしまう。
改めて根岸という黒幕出てきたこともあってか色々と考えれるなこりゃ。スイッチを知ったのは7年以上前の日下部夫婦が生きてた頃かと。んでネイティブ差し向けたのは根岸の策略。日下部パパ殺害を知った加賀美パパはそのまま我慢へ。考えてみたけど何となくしっくり来ない自分がいる。

擬態天道誕生秘話
どこかの子供→ネイティブに→天道に擬態。これでいいんだろうか。
ライダーシステムは擬態天道を実験に使ってたのか。ハイパーゼクターも擬態天道で実験しようとしたんだな。ダークカブトはそんな擬態天道のために作ったのか。ハイパーカブトにもなれるだろうし。
こいつも結局は「被害者」にすぎない。ん~蓋を開ければ悲しいな。
事実を知った今こいつには生きてもらいたいと思う自分がいる。

三島ネイティブに
バッタかとおもったらこおろぎかよ!ネイティブの成虫は強いのか、それとも三島だけなのか。多分成虫になれる数は少ないけどなったら一気に強くなるんだろうな。そして一気にラスボスに昇格した三島さん。本当に予想外だったよ(滝汗

カブトVSガタック
正直な話ゼクトルがいなければ勝ってたのでは?
ここは一人で乗り切って欲しかったよ加賀美。

瓦礫のなかにある花
あれはコスモスなんだろうか(汗。誰か教えて_| ̄|○
思えば話は瓦礫の中から始まったのだと思う。そして最後にこのシーン。ここでひよりが助けに来たら涙が止まらなかったのに。
とりあえず瓦礫降ってきて天道の生死は不明だけど予告見るからに生きてるかと。

そして最終回
生きていた擬態天道と天道などなど。まとめもしなければ。

電王の予告が始まった。真正面からみれば果てしなくダサいが動いたりすると違和感なくなるな。

それではノシ

第46話 「さらば剣」

うぉぉぉぉぉぉぉぉ寝過ごしてしまった俺が憎い('A`)
でも一応ビデオという近代技術があるので何とかなりそうだ。という訳で時間作って見ます_| ̄|○

なんとか見れた。

「ねぇじいや。眠ってもいいかな」

先週の続きから
あそこではまだ意識はなかったんだな。乃木の何らかの作用で気付いたと。ここからぼっちゃまの苦悩は続く、にしてもよくこの話を一話で決着つけたと感心する。まぁ何個も伏線は出ていたんですが。

「すべてのワームは俺が倒す。俺も含めてな!」
この一言が今週の神代剣の思い。自分もワームだと知った今することは決まっている。
んでビストロサルでの天道はあくまで倒すと言うもののひよりの存在があるので本心ではないと思う。個人の意見を尊重するのが天道流なので。
問題は加賀美。誰にも言えず苦悩し結局はプラスの方向に持っていけず神代を救うことも出来ず。不憫で仕方ない。これをバネに活かせるかは加賀美次第。
そしてぼっちゃまは自決を決意。この時期海は寒いと思うんだ、先週の川のシーンもそうだったけど。

ぼっちゃまぐれる
海から急に出てきたときは吹いた。さすがにそれは反則だろう(汗
スコルピオの戦闘能力はカッシスに二体一で勝ったりするあたり多分誰よりも強いのであろう。サソードも持っていたけどチューブ攻撃ありで何気に近~中距離はバッチコイ。

加賀美拉致
最高の友も結局は救えず。やっぱかわいそうだよ加賀美。
そしてじいやの望みを聞いた天道。やっぱり他人のことを尊重するからこその行動だと思います。

「ワームってなんですか?人間ってなんですか?」
これの線引きは物凄く難しい。
実際ひよりや神代のように「ワームの形をした人間」や
乃木や間宮麗奈のように「人間の形をしたワーム」もいるわけで。
これの回答で物語の見方も大いに変わってくると思うんですが出るんですかね・・・・答え

取引
ワームが一箇所に集まってきたのは多分神代の命令。
ワームって電波みたいなので連絡取り合ってるんだろうか。まぁそんなことは置いといて。
プレスでゼクターぺしゃんこにすることを考えるあたりやっぱ神代らしいというかなんというか。ここで思ってみるとぐれてもやっぱぼっちゃまの不器用さというかアホさというのが所々に見える。

今週の地獄兄弟
もはやコーナー化してるのは気のせいです(え。先週せっかく決意したのにあまり効果なかったな。光を得ようとして来週どんなしっぺ返しがくるか不安半分面白さ半分です。

総力戦
ガタックが勝ったのはこの際どうでもいい!(ヒドス。
やっぱ数と装備ではゼクトルはるかに劣るな。

最後の戦い
デートプランがラブラブで吹いた。やっぱり最後まで神代らしい。
ここで止めを刺したのは誰でもなく「神代剣」
「すべてのワームは俺が倒す」という願いを自己犠牲という形で全うしたのだと。そして天道がその思いに答えた。最後の最後まで人間としていられたと思う。これが加賀美だったらもっと映えたと思うんだ(汗。

眠る神代
・゚・(ノд`)・゚・ボッチャマー。泣いたよ_| ̄|○落ちは分かっていたもののこんな風に落としてくれてありがとうと言いたい。
最期に人間として眠れたのはその瞬間「ワーム」ではなく「神代剣」になったのだと思いたい。それが神に代わって剣を振るった男の終着点。
来週から寂しくなるな・・・・

そして来週と見せかけて再来週
残り3話くらいなんですね(汗。ワーム側が弱体化した今ようやくネイティブ側が動き始めます。

明日も見てくれないと俺の体はボドボドだ!(OMO)

第45話 「Xマス激震」

朝さぁ書こうかと思ったら、オカンがまだ寝ててパソコン昼までできず(´・ω・`)

というわけで予定地にしときます。先週に続いてぼっちゃまフィーーーバーーー!

よし書こうかな。

「ミサキーヌ、俺とクリスマスにデートしてくれーーーー!!」

擬態天道vs乃木×2
やっぱり乃木二人相手だと勝てないんだな。公式見たら分裂したらしい。一体どこまで生き返れば気が済むんだ(汗
と今週の擬態天道の出番は終わりなんですが一体なにしてたんだろう。来週でるっぽいけどパワーアップしてるのかな。

凹むひより
さすがにあんな振られ方したら誰でもああなると思うぞ(滝汗

ミサキーヌデレ化
やばいな今週のミサキーヌは属性が「デレ」になってる。先週以前のツンツンがない!?案外年下でもいけるらしいな。
そして久しぶりに出てきたじいや。ぼっちゃまはじいやがいてこそ映えるのでもっと出てほしかったですな。

ハルマゲドン
バスで急に擬態解いた様子から今まで社会に紛れ込ませてきたワームを一気に戦線投入したというところか。にしてもこれが本当なら渋谷周辺は壊滅的だな。今回は目的なんてなく要は「大量虐殺」がメインだろう。パターンなんか読めそうに無い。
この人数相手だとやっぱり数が少ないライダー側は不利。ドレイク人員不足で無理矢理出されてるんだろうなきっと。

友人「根岸さん」
友人の一人。人質交換の時に数名いたと思うので他にも出てくる可能性が高い。見た感じはいい人そうだけどパパやゴローちゃんの様子から見ると裏は物凄く黒そう。怒るとめっさ怖いとか。この人もさなぎなんだろうか。ネイティブの成虫はまだ出てない?それともひよりは成虫?
問題はなぜこのタイミングで出てきたのか。ワームが大量に出てきたのなら余計に保護してもらえればいいと思うのに戦力的にワームの幼虫以下のネイティブでどう闘えと。あ、ザビー空いてるんだった。

ぼっちゃまZECTに参入
じいやのアーンにそっぽ向いたのは
1 庶民の味に目覚めた。 2ミサキーヌじゃないとやだ( ゚Д゚)
さてどっちなんだろうか。まぁ後者だと思うが。
ZECTに入った理由はやっぱり「ミサキーヌを守る会」を立ち上げるためだったんだろうな。あまり人を仕切ることの出来ないぼっちゃまの部下になったゼクトルさん乙。

今週の地獄兄弟
兄貴自分を封印する。弟、「兄貴すごいよ!すごすぎるよ」ってお前はオリエンタルラジオか!天道もこいつらに頼ったのは確かに間違いだ。
さてこの封印は何時とかれるんだろうかね。

ぼっちゃまミサキーヌをデートに誘う
レンタルビデオ返却は吹いた。一応ワーム殲滅はこなしてるけどミサキーヌがあくまでメインだから使えないな>ぼっちゃま。終いに靴探させえるは部下に呆れられるはでぼっちゃまらしいというかなんと言うかw
今までの岬なら靴探してる様子見たら怒るだろうけどやっぱ前のこともあるしデレデレです。

乃木怜治vs天道 乃木怜治vs神代
なんか生き返るたびに顔のメイク変わってるな。最初は前髪で前かくして変態で次は片側オールバック、そして前面オールバックに髭。オールバックが完了したのでもう生き返ることは無いと思う(え。
天道側はさすがにMHT喰らうわけにはいかなったのか今週は退散。
ぼっちゃまはやっぱ勝てないのか。
ここで乃木が「こいつはまさか・・・・」と意味深な台詞。
とここで仮説。
1 こいつは実はワームだったと気付いた
2 ワームと気付いた。そしてそのワームの正体を知った。
基本的には1なんですがスコルピオが大物であると信じて2を推薦したい。
神代→スコルピオと乃木→カッシスへのプロセスは同じなんですね。

擬態解いて岬に襲い掛かろうとしたところでまた来週
めっちゃいいとこで終わったな。
「ワームにおいても頂点に立つ男」の真意とは?そしてワームとは?と問う岬。クリスマスにぼっちゃまに奇跡は起こるのか?
やばいな来週。東映公式見てたら、え!?来週10分オーバー!?


明日も見てくれないと俺の体はボドボドだ!(OMO)

 | HOME |  次ページへ»

Design byLoco-net::blog 
Copyright © W・E・I.All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。