W・E・I

小説をメインに活動しつつ雑記も書きます、そんなブログ。 その名も「Watching・Entertainment・Information」略して「W・E・I」

プロフィール

東人

Author:東人





ご意見、ご感想などがあれば是非とも下さい。全力で返事をします。それと、おまけで小説のの「予告にならない予告」記載中です。
あなたは


回オンドゥル語を言ったそうです(古っ

大学生活を送ることになり、講義中に寝る癖をつけてしまい憂鬱になりつつ、レポートに追われてクライマックスな心境の何処にでもいる普通の大学生。ここ最近は小説をメインにひっそりと活動中。まぁ見てやってください。
なおこのブログはカレーの妖精とりんごに目が無い賢狼と、そしてオンドゥルライドの登場を全力で応援中です。

あと相互リンクは熱烈に募集中(OMO|壁


アダルト系のコメント等は正直やめてもらいたい!見つけたら削除しますのでそこんとこよろしくお願いします。



気が向いたら押してみてくださいな

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何を思ってか知らずか

こんなものを書いてしまった。

構成期間「授業中」作成期間「今さっきまで」

とりあえず後悔はしていない。ただ書きたくなったから書いてしまったのだ。まぁ内容の是非は問わないでおくが(´・ω・`)

それでは
「仮面ライダーという名の仮面」プロローグにもならないプロローグ 「仮面ライダーという名の仮面」
それは4年前世界を救いそして自らの運命を変えた男達の話・・・・


バイクが海岸線を疾走している。その搭乗者に声が届く。
「剣崎君。南西20キロ。橘さんが苦戦してる。急いで!」
女の声のようだ。
「橘を助けるんだ。急げ剣崎。」
今度は男の声。そして剣崎と呼ばれた男は
「了解!」
とだけいいバイクを走らせる。その剣崎という男は「人間」の姿ではなかった。しかし怪物という訳でもなかった。その姿はまるで甲冑をまとった騎士のよう。深い青を基調とし胸や所々にある目立った「剣」の意味を持つスペードマーク。そして赤目に角のように尖った頭頂部。それが「剣崎」と呼ばれた男の今の姿であった。
そしてまたオペレーターの声が届く
「剣崎君、目標地点へ二キロ。急いで。」
剣崎はバイクの向きを変え再び走らせた・・・・


そのころ剣崎が向かっている地点の洞窟で別の男が戦っていた。この男も剣崎と同じ「人間」の姿をしていない。しかし剣崎とは違っていた。赤を基調としこれまた胸や所々に「金」を表すダイヤのマーク、そして緑の目のマスク。それはオペレーターの言っていた「橘」であった。
その戦っていた相手は今度こそ「怪物」だった。腕には翼のような膜を持ちどこか蝙蝠を思わせる姿をしている。
今、橘はこの怪物に右足で胸に蹴りをいれ追撃の手を打とうとした瞬間・・・それは突如出てきた蝙蝠たちによって阻まれ怪物からのパンチを受け橘は倒れてしまった。すかさず片膝を立て右足にあるホルスターの銃を取ろうとしたとき怪物の右足からローキックが飛び再び吹き飛ぶ橘。
怪物が橘に向かったそのとき―――洞窟の壁を吹き飛ばし剣崎がやって来た。そして怪物を引こうとする、しかしその怪物は横に飛びそれを回避。
「橘さん!!大丈夫ですか!?」
「剣崎!!」
そして剣崎はバイクから降り、橘は立ち上がり体制を立て直す。




このやり取りを見ている人物がただ一人いた。
それが今これを書いている僕自身「白井虎太郎」だ。この出会いがすべての始まりだった。これから剣崎君や橘さん、そして始や睦月に壮大な運命が降りかかるなんて誰が予想しただろう?4年前、剣崎君は自らを犠牲に世界を救った。この記録をどこかに残さなきゃならない。それが剣崎君を一年近くで見てきた僕の使命でもあったから。この記録は橘さんや始、睦月、広瀬さん達の協力によって完成したものだ。そして作成に協力してくれたほかの人たちにも感謝をしたい。
最後にもう一度言うけどこれは四年前運命を切り開いた男達の物語、
「仮面ライダーブレイド」






え~~~~っとまぁブレイドなわけですよ(´∀`;)内容は本編を採用しそこに虎太郎の前書きが入るという形で。
一応コンセプトは「虎太郎が出版した本はどんな本?」で。
とりあえず続く予定はありません(え
思いつきで書いたから当然といえば当然ですが('A`)
まぁ突っ込み云々はコメントで(´・ω・`)

それではノシ
スポンサーサイト

コメント

フォー!ぐっじょぶです東人さん^^
 とりあえず二話以降(ぇ)に期待です。

 ていうか私が書くと言っていたカブト小説が一向に仕上がりませんorz嗚呼真っ暗闇だ。

コメント

あらためてストーリーラインに沿ってやるとやると大変なことになってしまう気がしてならない東人です。まぁ時間があり、ネタガ浮かんできたらちょくちょく書いてみようかと思います。

カブトの小説も楽しみに待っております。オリジナルとなると余計に大変そうだ('A`)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaudo.blog59.fc2.com/tb.php/137-dfd01977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © W・E・I.All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。