W・E・I

小説をメインに活動しつつ雑記も書きます、そんなブログ。 その名も「Watching・Entertainment・Information」略して「W・E・I」

プロフィール

東人

Author:東人





ご意見、ご感想などがあれば是非とも下さい。全力で返事をします。それと、おまけで小説のの「予告にならない予告」記載中です。
あなたは


回オンドゥル語を言ったそうです(古っ

大学生活を送ることになり、講義中に寝る癖をつけてしまい憂鬱になりつつ、レポートに追われてクライマックスな心境の何処にでもいる普通の大学生。ここ最近は小説をメインにひっそりと活動中。まぁ見てやってください。
なおこのブログはカレーの妖精とりんごに目が無い賢狼と、そしてオンドゥルライドの登場を全力で応援中です。

あと相互リンクは熱烈に募集中(OMO|壁


アダルト系のコメント等は正直やめてもらいたい!見つけたら削除しますのでそこんとこよろしくお願いします。



気が向いたら押してみてくださいな

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FINAL 「コラム」

まぁ書くのが難しいといえば難しいんですがどうぞ。


・カブトの「テーマ」とは?
個人的に見てて思ったんだけど「自分」というのがテーマだと思います。この作品のキャラは個性豊かで「自分」というものを持ったキャラクターであるとおもいます。その「自分」を模倣し失くすワームが敵であるという、それでもそのワームの中にもきちんとした「自分」を持つ者もいるわけなんですがね。ハイパーバトルビデオやガタック編で加賀美が言った「俺は俺にしかなれない。でもそれが俺なんだ。」まさに「カブト」を象徴する台詞だと思いたいです。

・ストーリーのスピードが遅い
最終話周辺は巻いていたもののそれ以外のストーリーのテンポがやっぱり遅い。夏辺りはやっぱ中だるみが酷かった気がします。もしもテンポが早く着々と進めていけば伏線も回収しきれたでしょうう。これがカブトのもったいない点。

・残された伏線
主にネイティブの登場が遅かったせいかそこら辺に集中している気がする。
1 ネイティブはどうやってやってきたのか?(本編は隕石でどうも補完されてるっぽい?
2 ワームと対立する理由は?(両者とも種の保存かと思われ
3 マスクドライダーシステムを使える訳(なんか機械と話せるのはひよりのワーム体での能力の片鱗な気がしてならない。ゼクター開発の経路でネイティブの因子を入れたりしてるのならネイティブ全般で変身可能な気がするんだが。
4 二代目ハイパーゼクターは何時開発された?(もはやこれは推測不可。
5 マスクドライダー計画とは?(これも明かされなかった。ただ単に「ワームの根絶」はネイティブ側の理由でそれを含めて「ネイティブの根絶」が人間側の計画なんだろうな。

結構重要な部分が残っててやや残念です。


・泣けるライダー
ライダー物で泣けるエピソードはカブトが初めてかもしれない。もうゴンの記憶編とぼっちゃま最終回は泣けましたよ。他にも擬態天道が蓋を開ければカブト史上一番かわいそうなキャラクターであったりして色々泣ける要素が多いです。子供向けじゃねぇなこれ絶対w

・そのほかマニアックな点いろいろ
天道のマフラーは本郷猛のオマージュだったりネイティブがやって来た35年前は初代の放送された年だったらしいです。いや本当にそこら辺の配慮はすごいな。


続きはキャラ別の感想で
最後まで天の道を行った男「天道総司」
主人公がこんなに完璧超人なのも初めてなわけで。最初は完璧な孤独でも途中からはやや協力的になっていくのはやはり天道も変わっていった証拠でしょう。これも加賀美と出会ったからこそなんだと思います。最終話の「自分が変われば世界は変わる」という台詞も天道自身のことだと思います。

最後まで悩めるもう一人の主人公「加賀美新」
カブトは加賀美の成長を軸にして進めていたので彼の成長が一番だと思います。それでも悩み結果が出せないというのが続いて若干鬱でした。彼も天道に会ったことで自分を見つけ結果自分の道を貫いていけたんだと思いたい。一番周りの人たちが恵まれてるしね。

不運な適合者「矢車想」&「影山瞬」
今思えばザビー適合者はろくなこと無いな(汗。もう影山の落とされ方は中盤必須の名シーン。もう涙が止まらないです。そして太陽という光を求めた結果死んでしまう悲しい終わり方を迎えてしましましたな。ネタに使われたり都合いい使われ方をされたと思うのは気のせいだ(違

ザ ベストエピソードをありがとう「風間大介」
風のように去って風のようにやって来るのはもう彼だけかと。それでも出てくるたびに作るストーリーはそれなりに感動できます。個人的にはやっぱり「さらばゴン」を推したい。それにしても出てくるたびに衣装が派手になっていくのいかなものか?

カブト世界において頂点に立つ男「神代剣」
つかライダー全般でこんなおいしいキャラを持ってるのは彼だけかもしれない。ラ・メーンや小学生などのあほキャラ連発で視聴者を楽しませてくれる存在でした。愛する人の為なら真っ直ぐ突っ走るのも彼の個性だと思います。じいやの存在もあってこその神代だと思います。




こんな物でいいでしょうか?これでカブトのレビューは終了を迎えます。途中からのスタートだけど最後までお付き合いいただいてありがとうございます。さて次のライダーの「電王」ですが公式やら見てておもしろそうな気がします。


それではノシ
スポンサーサイト

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaudo.blog59.fc2.com/tb.php/148-d23afd11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © W・E・I.All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。