W・E・I

小説をメインに活動しつつ雑記も書きます、そんなブログ。 その名も「Watching・Entertainment・Information」略して「W・E・I」

プロフィール

東人

Author:東人





ご意見、ご感想などがあれば是非とも下さい。全力で返事をします。それと、おまけで小説のの「予告にならない予告」記載中です。
あなたは


回オンドゥル語を言ったそうです(古っ

大学生活を送ることになり、講義中に寝る癖をつけてしまい憂鬱になりつつ、レポートに追われてクライマックスな心境の何処にでもいる普通の大学生。ここ最近は小説をメインにひっそりと活動中。まぁ見てやってください。
なおこのブログはカレーの妖精とりんごに目が無い賢狼と、そしてオンドゥルライドの登場を全力で応援中です。

あと相互リンクは熱烈に募集中(OMO|壁


アダルト系のコメント等は正直やめてもらいたい!見つけたら削除しますのでそこんとこよろしくお願いします。



気が向いたら押してみてくださいな

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実逃避

さぁテスト返却やらの現実逃避がてら小説を載せますよー

あとでまた雑記事を書こうかと思います。それでは

仮面ライダーという名の仮面
第14話「エース封印」 カテゴリー1「最後のピース」 それは診療所に散らかった資料を整頓しているときだった。小夜子はてきぱきと要領よく戸棚に片付けていく。そのとき一枚の用紙がファイルから滑り落ちた。
「あっ・・・」
滑り込んだ先はインテリアを置いた小机だった。しかも狭い隙間に入り込んでいる。小夜子はファイルを置いて屈みこんで指を伸ばしなんとか紙に手が届き拾い上げた。そしてその机の上に置いたインテリアに目がいった。しかしインテリアに目が止まったわけではない。その物陰に何かあったのだ。
「ん・・・これは・・・!?」
それを手に取った小夜子は驚きのあまり言葉を失った。そして机の上の一ピース抜けたパズルに目を向ける。
決して完成しないと思っていた・・・最後のピースだった。


暖かい・・・。まるであの場所に帰ったような気分だった。俺は死んだのか・・・いや、アンデッドは死ねないな・・・そんな自嘲的な気分に浸ってしまう。その時どこからか聞いたことのある女の子の声が聞こえてきた。
「始さん!」
その声で始は目を覚ました。視界に広がったのはボロボロの屋根。始はゆっくりと上体を起こした。
「痛っ・・・」
腹の傷がうずいた。よく見れば体中、所々手当てされていた。腹の傷にも包帯を巻かれている。目の前には一斗缶の中で火がぱちぱちと燃えていた。
「気がついたか?」
奥から剣崎がやって来た。始は驚いた顔で剣崎を見つめる。
「お前・・・」
始の思いも露知らず朗らかな顔で剣崎は始の隣に座った。
「そうとう酷くやられたもんだな」
「なぜ俺を助けた・・・」
「大変だったんだぞ。お前を担いでここ見つけて、薬屋だってここから20kmあったし」
始の問いに答えることなく剣崎は言った。
「なぜ助けたと言っている・・・!」
痛みに顔をしかめながら始は殺気だった。しかし剣崎はさも当然なことのように言った。
「なぜって・・・目の前で人が倒れてんのに見捨てるわけにはいかないだろ」
「俺が頼んだわけじゃない・・・」
始は吐き捨てるように言い返した。
「そうかい。なら今度見つけたら放っておくよ」
剣崎は不貞腐れるように言ってまた奥に行ってしまった。そして次に出てきたときはおわんを手に持っていた。
「けど今回は俺の好きにさせてくれ。これ作ったんだ」
剣崎の差し出したお椀の中にはお粥が入っていた。卵もはいっていてどことなく食欲をそそる。
「こう見えて俺料理に自信あるんだ。一人暮らし長かったしぎりぎりの生活やってたからかな・・・はは」
照れ笑いを浮かべる剣崎だったが始は一向に食べようとしない。
「あれか?人間の料理は食べないとか?っていうか普通の薬使っちゃったんだけど大丈夫なのか・・・」
剣崎の言葉をさえぎるかのように始はお椀を奪い取りお粥を掻っ込んだ。
「なんだ食べれるんだ」
剣崎は安心したような笑顔を見せた。

そのころ栞と虎太郎も橋に来ていた。
「この辺で反応があったんだけどね・・・」
「剣崎君から連絡ないし・・・何かあったのかな?」
栞は携帯を取り出した。しかしここは結構山奥だった。電波も入らないのか「圏外」を表示している。
「広瀬さん、あれ・・・」
虎太郎は一方向を指差した。そこにいたのは川辺で水を汲んでいる姿は見慣れた者だった。
「剣崎君!?」

「何しに来たんだよ、こんなところまで」
虎太郎らと合流して剣崎は内心焦っていた。いま二人、特に虎太郎に始の姿を見せるわけにはいかない。
「それはこっちの台詞よ!剣崎君何の連絡もしてくれないし・・・」
やがて剣崎は一軒の古屋に着いた。それを見た虎太郎は怪訝な顔をする。
「ここで何やってんのさ?」
「いや・・・その色々」
剣崎は何気なく装うとした。しかしそのぎこちなさに虎太郎は目ざとく気付いた。
「何か変だな・・・もしかして中に誰かいるんじゃない??」
その台詞は剣崎の核心のど真ん中をついた。剣崎をどかし虎太郎は中に入ろうとした。
「ちょっ、お前止めろって!」
そして虎太郎は中に入った。剣崎がようやく動きを止めたが時すでに遅し、虎太郎は目を見開いてそこにいる人物を食い入るように見つめた。
「相川始・・・」
始も上体を起こして虎太郎を見つめ返した。遅れて栞も声を上げる。
「ちょっとどういうことなのこれ!」
剣崎は二人を外に出そうとした。そして始の方に振り返って、
「じゃあ俺行くからな。おとなしくしてろよ」

小屋から出た途端虎太郎は大声を上げた。
「どういうことだよ剣崎君!あいつはアンデッドなんだぞ!敵なんだぞ!」
「わかってるよ。でもあいつは天音ちゃんを何度も助けようとした。だから、な」
「何が『な』だよ!!」
虎太郎の声はますます大きくなる。
「あいつが居たから天音ちゃんや姉さんが危ない目に遭ってんだろ!!」
「よせ、聞こえるだろ」
剣崎は手の前で人差し指を立てた。しかし火に油、虎太郎は手を払いのけた。
「僕は止めない!!!」
そして再び小屋の中に入って始に向かって指を立てた。
「いいか!二度と天音ちゃんや姉さんの前に姿を現すなよ!いいな!!」
虎太郎はずかずかといってしまった。そのとき栞の持っていたパソコンから電子音がなった。
「これは・・・カテゴリーAよ。ここから南東に24キロ」
「わかった、行ってくる」
小屋の脇に止めておいたバイクに跨り砂を巻き上げながらその場を去っていった。栞も、
「私たちもおいかけてサポートしなきゃ」
ブスッとした虎太郎をつれて車に向かっていった。


そこは都心から少し離れた森林公園だった。スパイダーは再び蜘蛛を吐き出した。吐き出された蜘蛛たちは一匹は近くの木に捕まりさらに別の一匹は風に乗り遠くへ運ばれていく。やがて蜘蛛たちは散り散りになっていった。そしてスパイダーがその場を立ち去ろうとしたとき、
「待て!」
剣崎がバイクのエンジン音を上げながらやってきた。しかしスパイダーは戦う意思を見せず一瞥を与えてから跳びあがった。糸を駆使しながらどんどん移動していく。剣崎はその後を追った。しかし以外にも移動速度が速くなかなか距離が縮まらない。そのとき、
「・・・うわ!?」
目の前に火球が迫ってきていた。スパイダーに目を奪われ気付かなかったとは不甲斐ない・・・そんなことを考えている暇も無く剣崎はバイクから飛び出した。落ちた場所が柔らかい地面の上に受身をとりながら着地したから幸い怪我は無い。そして先には伊坂が立ちはだかっていた。
「これ以上橘の邪魔はするな」
「何!?」
その言葉と同時に剣崎の脇をバイクが通り過ぎた。そのバイクに乗った橘は剣崎にわき目も振らず行ってしまった。
「橘さん!」
しかし伊坂は再び火球を放つ。剣崎はそれをかわしてバックルにカードを装填し腰に装着した。
「変身!!」
ゲートを通り抜けブレイドは剣を抜く。伊坂も姿を変え剣を生み出した。ブレイドとピーコックの剣がぶつかり火花が飛び散る。
「ふん!」
ピーコックは袈裟に振るった。それをブレイドは剣で受け止め鍔迫り合いの形となる。
「うう・・・っらぁ!!」
ブレイドは剣でピーコックを力ずくで押し返しその間にカードを抜いた。しかしピーコックの方が一枚上手だった。体を回転させながら左手から火球を放つ。放たれた火球はカードを使う寸前だったブレイドの胸に命中する。
「ぐゎ!」
ブレイドは後ろにあった池に吹き飛ばされた。アーマーに残っていた余熱に水が音を立てて蒸発する。そして立ち上がるもピーコックの姿が見当たらなかった。周囲を見渡しても気配すらしない。
「どういうことだ・・・?」
ブレイドは池から上がりバックルに手を掛け変身を解除した。そのとき虎太郎の車が少し遅れて現れた。
「剣崎君!」
「キャァー!!」
栞の声とともにどこからか女性の叫び声が聞こえてきた。三人は顔を突き合わせ剣崎はその声がした方へ走り出した。虎太郎と栞も車から降りて後を追う。

剣崎が見たのはしりもちをついてひたすら一方向を見つめる女性だった。
「どうかしたんですか!」
その声に女性はその見つめていた先を指差した。その先には等身大くらいの白い塊があった。何か繊維状のような物に見える。そして二人もやって来る。
「これは・・・」
近づいてよく見ると中に男性の姿が透けて見えた。
「大丈夫ですか!」
三人は急いで中にいた男性を助け出そうと糸を引きちぎった。糸自体は大して硬いものではなく簡単にできた。
「おい!しっかりしろ!おい!!」
顔色こそ悪かったが息があった。
「よかった生きてる・・・」
虎太郎も安堵の息を吐いた。栞も安心した。しかし剣崎の視線は別の方向に向いていた。
「・・・!」
その男性の首筋に以前見たことのある蜘蛛が張り付いていた。しかし二人は野生の蜘蛛かと思ったのか、はたまた気付いていなかったのか大して気に留めなかった。
(また蜘蛛か・・・)
剣崎は内心呟き、そしてもう始に聞いておきたいことがあると思った。



今度は戦闘シーンが書きにくいなぁと思ってしまった今日この頃。ネタがパターン化するとやだしかといって良いのが思いつかない_| ̄|○世間ではこれネタ切れっていうんですよね(汗。なぜだか始と剣崎のシーンが一番テンション上がってた気がします(何。

それでは
スポンサーサイト

コメント

 いよいよA封印ですな。
やはりスパイダーの強かさは伊坂以上のものがあります。
今回、いよいよ剣崎くんとムッコロのフラグが立ちかけてるわけですが^^;原作でもこの後が長いんですよねぇ^^;正直ブレイドのキャラクターも、回によって性格にバラつきがあったようなorz
 と、とりあえずダディがピース食ってなくて安心しました(ぇ

コメント

カテゴリーAは多分上級くらいの強さはあったんでしょうなぁ。にしても出現しては逃亡を繰り返してますが(滝汗。
まぁ剣崎と始の関係を描いていくには時間がかかるのは当然かと思いますね。まぁブレイドの物語は剣崎と始の信頼関係を築くものだと言っても過言ではありません。

ピースを目の前にダディは冒険できませんでした(えー

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaudo.blog59.fc2.com/tb.php/311-3a29192c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © W・E・I.All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。