W・E・I

小説をメインに活動しつつ雑記も書きます、そんなブログ。 その名も「Watching・Entertainment・Information」略して「W・E・I」

プロフィール

東人

Author:東人





ご意見、ご感想などがあれば是非とも下さい。全力で返事をします。それと、おまけで小説のの「予告にならない予告」記載中です。
あなたは


回オンドゥル語を言ったそうです(古っ

大学生活を送ることになり、講義中に寝る癖をつけてしまい憂鬱になりつつ、レポートに追われてクライマックスな心境の何処にでもいる普通の大学生。ここ最近は小説をメインにひっそりと活動中。まぁ見てやってください。
なおこのブログはカレーの妖精とりんごに目が無い賢狼と、そしてオンドゥルライドの登場を全力で応援中です。

あと相互リンクは熱烈に募集中(OMO|壁


アダルト系のコメント等は正直やめてもらいたい!見つけたら削除しますのでそこんとこよろしくお願いします。



気が向いたら押してみてくださいな

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガチで前フリ

まぁ小説にひと段落ついたのとあまりにも書いていないのでプロローグ代わりに落としておきます。多分ここら辺の話はそれほど手を加えないかと思います。

それでは
「仮面ライダーという名の仮面」
第8話 「とある少年の朝」
その闇は徐々にだが少年の身に潜んでいた。 そこは酷く暗い場所だった。目の前の景色は一切無い一寸の闇。唯一見えるのは自分の体だけだった。右掌をふと見てみると、
「・・・!!」
その手が急に闇に溶けたのだ。まるで闇と融合するかのように消えて行く。そして見る見るうちに右腕はおろか、左腕までも闇に消えていく。
「・・・!!!!」
声を出そうにも声が出ない。口までも闇に同化してしまったようだ。腕、脚の感覚は消えていたが必死に思考することで抗おうとする。だがその甲斐も空しく自分の視界がどんどん暗くなっていく・・・深い闇に取り込まれていく。そして力尽きて目を閉じようとしたとき・・・
「・・・はあっ!!」
上條睦月は目を覚ました。視界に天井が入ってきた。空気がやけに新鮮に感じられる、声がでる。上半身を起こして体を確かめてみた。大丈夫、何の支障も無い。
「・・・夢か・・・」
しかし夢と呼ぶにはあまりにもあの光景が現実味を帯びていた。いまさらになって気がついたが体中汗びっしょりだ。睦月はベッドから降りてカーテンを開けた。まだ陽は昇っていない。カーテンを閉めてベッドに座った。さっきの夢のせいで目が冴えてしまった。もう一度眠ろうとしても寝付けないだろう。
「・・・」
睦月は何も言わずに床を見つめていた。何故か小さい頃の感覚が蘇ってくる。しかしその記憶は残っていない、自分がまだ小さい頃だったからだ。だがその時の感情だけは脳の片隅に残っている。そしてそれはさっき睦月が見た『夢』と酷く似ていた暗い闇にいるような気分だった。

その日、睦月は授業があった。今の睦月17歳、高校三年生になると色々押し迫ってくるものがある。学生の本分とも言うべき勉強に対しまだ緊迫感が無く、そのせいか漠然とした未来のビジョンも浮かばない。いったい自分が何をしているのか、どこにいるのか想像も付かない。とにかく漫然と過ごすしか手が無く寝不足気味の頭を無理やり起動させて睦月は家を跳びだした。

「頭が重い・・・」
気分が全く冴えない。これでは1時間目をすべて惰眠で過ごしてしまうだろう。望美との約束に間に合わない、睦月はさらに足を速めようとした、が、
「うぉわ!?」
走っていた睦月の体が突如バランスを崩した。これも不運か、足がもつれてしまったようだ。よろけた体の体勢を必死に戻そうとする。その時誰かに肩がぶつかってしまった。
「す・・すいません」
「お前何やってんだよ!!」
ぶつかられた方は明らかに切れていた。それも茶髪やら金髪やらガラが悪そうな奴らばっかりだった。
「す、すいません!!」
睦月はもう一回誤って背を向け歩き出そうとした。しかしその体が全身する前に睦月の肩に手が置かれた。そのまま180度回転してまた金髪の兄ちゃん達と目を合わせる。
「すいませんで済んじゃ警察はいらねえんだよ!!怪我してたらどうするつもりなんだ、ああ?」
そして胸倉を掴まれ睦月はどこかへ連れて行かれてしまった。

それから10分ほど経ったことだった。いつもの場所で望美は腕時計を眺めてため息をついた。
「遅いぞ・・睦月」
本当ならとっくに来ているはずだった。きっと寝坊でもしたのだろう。そう思い先に行こうとしたとき、
「待ってくれ望美・・・」
切れ切れとした声が聞こえてきた。振り返ると睦月が息を切らせていた。
「睦月、遅いじゃない!寝坊でもしたの?」
「ちょっと色々あってさ・・・」
そう言って睦月は苦笑いを浮かべて二人は歩き出した。なんでもない至って普通の時間だった。『普通』に見れば当たり前の光景だろう。そうだ、誰も気にしないはずだ、『睦月が何故遅れたのか?』なんてことは。


とある路地裏でうめき声が聞こえていた。
「ぐ・・・いってえ・・・」
数人が壁やゴミ箱にもたれていた。体中ボロボロで擦り傷が顔中にあった。金や茶に染めた髪も今では形無しだった。その姿はあるものが見ればぶつかった
少年に絡んでいたチンピラたちだと気づいていただろう。
「いったい何だったんだ・・・ありゃ・・・」
そのうちの一人がつぶやいた。あっという間の光景だった。少年を路地裏に連れ込んだかと思えば胸倉を掴んでいた腕を強引に引き剥がされ、ものの数秒でそいつをノックダウンさせたかと思えば一人は壁に打ち付けられ、また一人は腹を蹴られ・・・ものの数分で自分たちを倒してしまった。

その少年は今、数少ない女友達と共にいた。
スポンサーサイト

コメント

睦月こえぇ。
大分前から原作とは離れた話へと変化していっている「仮面」ですが、睦月はこの時点で、どれだけ「レンゲルの自覚」があるのでしょうか。力に操られている(はずの)睦月のスタンスが、本家とはかなり違う気がしたのです^^;
現在の睦月がどんな立ち位置にいるのか。それがこれからの大きな問題になっていく、のかな?

 最近、このSSを「虎太郎のベストセラー小説」としてではなく、「新たなる剣」としてみている自分がいる(爆

コメント

>睦月のスタンス
確かに睦月のスタンスが大きく変化していますかな。案外そう見えて実はそうでもなく・・・うーん、そこら辺を次で書いていこうかな・・・。非常に難しい感じがします(滝汗。

新たなる剣
第二クールは一番改変してしまうのかな・・・と自分でも若干覚悟はできていました(爆。しかしそろそろストーリーが暴走している感じがして来たので何とかして歯止めをかけなければ(汗。とにかく睦月レンゲルだけは。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaudo.blog59.fc2.com/tb.php/399-bf0c386b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © W・E・I.All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。