W・E・I

小説をメインに活動しつつ雑記も書きます、そんなブログ。 その名も「Watching・Entertainment・Information」略して「W・E・I」

プロフィール

東人

Author:東人





ご意見、ご感想などがあれば是非とも下さい。全力で返事をします。それと、おまけで小説のの「予告にならない予告」記載中です。
あなたは


回オンドゥル語を言ったそうです(古っ

大学生活を送ることになり、講義中に寝る癖をつけてしまい憂鬱になりつつ、レポートに追われてクライマックスな心境の何処にでもいる普通の大学生。ここ最近は小説をメインにひっそりと活動中。まぁ見てやってください。
なおこのブログはカレーの妖精とりんごに目が無い賢狼と、そしてオンドゥルライドの登場を全力で応援中です。

あと相互リンクは熱烈に募集中(OMO|壁


アダルト系のコメント等は正直やめてもらいたい!見つけたら削除しますのでそこんとこよろしくお願いします。



気が向いたら押してみてくださいな

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一瞬で仕上げてみる

という訳で一瞬で仕上げてみた(爆。内容的には薄いのでね。まあ前半と後半を繋ぐ部分とか影でこんなことがありました、って感じで読んで頂ければ嬉しいです。あと、(何となく反転)最後はオリストへの布石(爆。

それでは
仮面ライダーという名の仮面 「間章」
話はすこし跳躍する。 そこは日本から遠く離れた場所だった。場所は中国南西部のチベット山奥である。その山奥に小屋が一軒あった。本来ならこんな偏狭な地で過ごす人間はいないはずだった。だがその小屋の中で音がして人の気配があった。小屋の中は機械や計器、様々なものがあった。しかもどれもがハイテクな物とこれば何故こんなところに住んでいるのかますます訳が分からなくなる。その小屋の中で、
「よし、これで完成だ・・・!!」
その埋もれた機械の中に男がいた。見た目40くらいであろうか。男が使っていた机の上には何かが置いてあった。男はそれを満足そうに見た。
「完成したのか?」
新たな男が小屋に入ってきた。先の男と年齢は変わらなさそうだがよく見れば中国系の顔をしていた。しかも肩に黄色いカナリアを連れている。
「ああ。遂に完成だ。これが彼らの助けになるのは間違いないはずだ」
「・・・の力、そんなのを使おうと考えた君の発想がすばらしいよ」
カナリアを連れた男がにやりと笑っていった。男は机においていた物を取り上げた。まるで見たことの無いデザインだった。掌に納まるか納まらないかきわどい大きさ、そして何かを収納するようなスペースに溝。用途が不明だった。
「だが私一人だけでは出来なかった。君の助けがあればこそ、だ。ありがとう。それでだが・・・」
「私にこれを日本に届けて欲しいのかい?わかった、行こう」
男が言いづらそうにしていたことをカナリアの男はあっさりと承諾した。
「いいのか?それだと君も・・・」
「私のことは別にいいんだ。君の役に立てただけでもう未練は無いよ、それに私に出来ることはまだある」
「・・・蜘蛛か?」
「そうだ。私が近づけば蜘蛛は必ず私の存在に気付き適合者にも影響があるだろう。だがこれは私にしかできないはずだ」
「そうか・・・」
男は悲しそうに言った。そして男は旅の支度を始めた。と言っても軽いもので肩に担げる程度だった。あとカナリアを入れた鳥篭も。
「その鳥、ナチュラルって言ったかな?連れて行くのか?」
「この子はきっと役に立つ。私がいなくてもきっと彼らの道しるべになるさ」
それに応えるように小鳥、ナチュラルが囀った。そして、別れの時が来たようだった。
「必ず届けてくれ。あと剣崎たちのサポートを頼んだぞ、嶋」
「任せてくれ。必ず果たす。烏丸、元気でな」
嶋、と呼ばれた男は荷物を左手に持って右手を差し出した。烏丸も手を出して二人は固い握手を交わした。

彼が日本で『彼ら』と出会うのは二週間ほど後の話になる。


その後、一人ぼっちになった小屋で『トントン』とノックする音が聞こえた。
「誰だ?」
烏丸はいぶかしむように呟いた。
そしてドアを開けたときそこにいた者は・・・・
スポンサーサイト

コメント

 本編では書かれなかったショッチョと嶋さんとのお話ですね。ブツが完成してそれを嶋さんが持っていく、と……。
 最後にやってきたのが桐生さんなら、ダディ強化(爆)の際に再登場フラグっすねw

コメント

一番気になるのはやっぱり最後でしょうかww予想通りか、それともそれを裏切るのかはその時が来るまでのお楽しみにしておいてください(何

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaudo.blog59.fc2.com/tb.php/423-00d366a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © W・E・I.All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。