W・E・I

小説をメインに活動しつつ雑記も書きます、そんなブログ。 その名も「Watching・Entertainment・Information」略して「W・E・I」

プロフィール

東人

Author:東人





ご意見、ご感想などがあれば是非とも下さい。全力で返事をします。それと、おまけで小説のの「予告にならない予告」記載中です。
あなたは


回オンドゥル語を言ったそうです(古っ

大学生活を送ることになり、講義中に寝る癖をつけてしまい憂鬱になりつつ、レポートに追われてクライマックスな心境の何処にでもいる普通の大学生。ここ最近は小説をメインにひっそりと活動中。まぁ見てやってください。
なおこのブログはカレーの妖精とりんごに目が無い賢狼と、そしてオンドゥルライドの登場を全力で応援中です。

あと相互リンクは熱烈に募集中(OMO|壁


アダルト系のコメント等は正直やめてもらいたい!見つけたら削除しますのでそこんとこよろしくお願いします。



気が向いたら押してみてくださいな

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報告 一日目

おばあちゃんが言ってた「冒険するなら大冒険だって」な。

というわけで東人も修学旅行という大冒険をしてきました。外国だったので色々緊張しましたね。

そういえばどこに行ってきたかまだ言ってませんでした(・∀・;)
でわここでヒント
親父くさいこいつ

こいつが草原で飛び跳ねてそうな国です。


そうです、オーストラリアです。
個人的には北海道希望だったのですがね。

これの報告です。一日目は家出発~現地到着までの経緯を書こうかと。
主にホテルで書きなぐっておいた手記があるのでこれをメインにして書きます。
こんな感じのもの書いておかないとカブトのレビュー並にグダグダしてしまう可能性が高いので_| ̄|○

それではどうぞ。
一日目
6時ごろ集合といわれて余裕持って出発。スーツケースがやたら重い。
関空には始めていくので少し緊張する。
多少移動するのに迷いながらラピート乗車キタ━━(゚∀゚)━━!!!!
学生が修学旅行でこんな高級電車に乗るのも変な話である。家のオカン曰く「バスに乗るならラピート乗ってけ」だそうだ。実際近くの駅から直通バス出てるのだが混んでたりしてたらいやなので電車にした。
中は広く清潔感漂う仕様だ。
ラピート内部

こんな感じ。移動も静かで非常に快適。
ぶっちゃけた話、これが一番の楽しみだったと言っても過言ではない。

思ったより早く関空に到着。寒い。向こうでは充電できないので携帯の使用を控えつつ集合。外に集合したのでさっさと済ませて中に入りたい。搭乗券配られたりあらかじめ交換して貰ったお金を受け取りいざ中へ。出国手続き事態はそんなに厳しいものではなく金属検査とかしたくらいか。とここでまだ機内へ入れないので一時間ほど待機。
関空

一時間は予想以上に暇。コーヒー飲んだりしてつぶすことにする。まだ機内じゃないというのに周りのテンションが異常に高い。うちのクラスの担任が写真撮られまくってたので若干ばて気味だ。
いざ機内へ。なんでも航空会社はカンタス航空というオーストラリア経営の会社だ。全日空とか日本のじゃなくて残念。うわさでは席にテレビ画面があると聞いてたのだがそれがなくかなりげんなり。これも楽しみの一つだったのに。
個人的に離陸のときは緊張する。実は昔飛行機で酔って吐いたのがトラウマなのでそれが影響してるのかもしれない。後ろの女子が離陸の時に「キャー」と叫んでるのはどうにかしてもらいたい。まぁ離陸も終わって安定期になったら機内食だ。内容は和風の鶏肉か洋風の牛肉選べるらしい。決して「Fish Only」なんていわなかったぞ。和風選んで夕食に。ご飯はぱさぱさして微妙だったが佃煮や鶏肉は普通に(゚Д゚ )ウマー。
その後はコーヒー飲んだり、暇つぶしのために持ってきた「ダビンチコード」読んだりしてから消灯。さあ寝るかといいたいのだが。機内はゆれ席の幅は狭く枕が邪魔だとなかなか寝れない。無理矢理目をつぶっていたため実際は一時間も寝てないかもしれない。おかげで到着してからめっさ眠かった。そんなこんなでようやくオーストラリアに到着。

ちまみにオーストラリアの入国がめっちゃ厳しい。食べ物持込禁止。これが一番きつい。ガム持ち込めないし、おにぎりとかもアウト。あと薬も申請が必要。農業国なだけあってこういったことは厳しい。
と言ってるが申請するときの人の顔見てみるとすごく機嫌が悪そうだ。ちゃっちゃとパスポートに判子押して無遠慮に返す。
そんな感じで入国は完了。

ここから地獄の長い長い一日が始まるのだ。
それはまた次の機会に書くことにする。
それではノシ。
スポンサーサイト

コメント

 おかえりなさ~い^^
 それにしてもオーストラリアですか。
色んな命が溢れている国でありますな^^
 天候とかは大丈夫でしたでしょうか?
とにかく報告の続きに期待ですw

コメント

日本とは違ってやっぱり自然が溢れかえってる国でした。行った場所がそれなりに田舎のせいもあるのか建物の背も低かった気がしますね。
天候はほとんど晴れで一部雨降って大丈夫なのか?という時もありましたが、問題は全くなかったですね(・∀・)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://azumaudo.blog59.fc2.com/tb.php/88-18336295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Design byLoco-net::blog 
Copyright © W・E・I.All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。